鉄緑会

【鉄緑会の春季講習 ・医学部対策特別講座】 高2春季講習、医学部対策特別講座の内容や費用を鉄緑会OBが解説!

こんな受験生向けの記事になります

鉄緑会の講習の内容や費用が知りたい

鉄緑会の春季講習に興味がある

入塾の判断材料にしたい

都内の私立中高一貫校に通う

中高はサッカー部に所属、高1の途中で退部

中3から特待生になり学費免除になる

高二の夏から東大専門塾鉄緑会に入り、高三の冬に東大A判定を達成

現在大学2年生
1.鉄緑会の春季講習について

2.医学部対策特別講座について

3.春季講習・医学部対策特別講座の費用の比較

1.鉄緑会の春季講習について

鉄緑会 春季講習

鉄緑会の季節講習は、科目ごとにまとまっていて、無駄に多くの講習を取る必要が無い事が特徴です。

一般的な予備校ですと、数学は数学、英語は英語と講義が用意されているのではなく、内容が細分化されていて1科目あたり数個の講義を取らなくてはいけなく、金額が膨らんでしまう事が多々あります。

鉄緑会ではそれが無いので、金額的にも優しいですし、無駄に多くの講義が無い分拘束される時間も短く、効率が良いです。


そして、内容ですが、

数学と英語に関しては総まとめとなります。

以前僕の他の記事でも述べましたが、鉄緑会では英語数学を高校2年生のうちに完璧にするというカリキュラムですので、この高3直前の春季講習の時期では数学英語は完璧になっているはずなのです。

講習もその前提で、総まとめが内容になっています。
プラスアルファでより発展的な内容や、間違いやすいポイントなどを押さえます。

次に理科社会について、理科社会と言ってもちゃんと物理化学生物と、科目ごとに講義が設置されています。

内容は基礎確認や、高3から本格的に始まる授業への準備となります。

鉄緑会では理科社会は高2から講義が設置されていますが、本格的な講義は高3になってからです。

高2はあくまで基礎的な内容で、春季講習もまた、その基礎の確認となります。

僕の意見としては、春季講習で触り程度に学び、そのより詳しい内容を後の高3の講義で聞けたので、理解がスムーズだった気がします。

どの科目も受講必至と言うわけでは無いですが、お金と時間が許すのであればどれも受けて損は全く無いと思います。

また、鉄緑会の冬季講習の内容が知りたい方は
鉄緑会OB2年目が鉄緑会の冬季講習を解説! 費用や授業内容を詳しく教えます
を参照にしてください!


改訂版 鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁 [ 鉄緑会英語科 ]


2.医学部対策特別講座について

鉄緑会 医学部対策特別講座

そしてこの春季講習から用意されるのが医学部対策特別講座です。

基本的に鉄緑会は東大受験専門塾です。

しかし、その圧倒的な実績や重厚なカリキュラムから、初めから医学部志望の生徒も多く通うようになりました。

大手予備校には医学部用の校舎やカリキュラムが用意されているのにもかかわらず、鉄緑会を選ぶ生徒が増えた事により、鉄緑会でも春季講習、夏季講習、直前講習で医学部対策特別講座と呼ばれる講義が設置されるようになりました。

春季、夏季講習では座学です。

基本的なデータから、医学部を目指す心得、そして医学用語や過去の医療事件など、最低限のインプット講座になります。

そして直前講習の講座では現役医学生の講師を含む講師陣相手に面接の練習があります。

甘えの一切無く、本番で成功する為に本気である為、過去にプレッシャーで泣いてしまった生徒もいる程とも言われていました。

また、この対策講座では試験とは別の知識や面接の対策となりますが、直前講習ではきちんと試験対策の講習も用意されています。
ですので、医学部志望でも問題なく東大受験専門塾の鉄緑会に通って良い
と思います。

むしろへたに他予備校の医学部コースへ行くよりもよっぽど自分の学力を上げられるはずです。

ただ単に東大合格を目指すのではなく、東大合格安全圏を目指す鉄緑会においてハイレベルな学生に揉まれ続ける方が他より遥かに自身のレベルアップに繋がるというのが僕の考えです。


2021年度用 鉄緑会東大物理問題集 資料・問題篇/解答篇 2011-2020 [ 鉄緑会物理科 ]

2020年度用 鉄緑会東大化学問題集 資料・問題篇/解答篇 2010-2019【電子書籍】[ 鉄緑会化学科 ]


3.春季講習・医学部対策講座の費用の比較

大手予備校の春季講習費用と比較をします。

まず鉄緑会の春季講習ですが、

英語、数学、物理、化学は2つ講義が用意されており、1つ10時間で19,000円です。
数3、生物、古典、世界史は1つ講義が設置されており、1つ10時間で19,000円です。

次に駿台の春季講習ですが、

全ての科目に10〜20の講義が用意されており、時間は生徒本人が選べますが、一例ですと、

1つ10時間の講座3つで66,000円です。1講座当たり22,000です。

費用は鉄緑会の方が安く、また設置講座が少ないのでお金と時間を浪費することがありませんが、駿台ですとまず何から選ぶか考えなければいけませんし、たくさん取ると費用が高くなってしまう上、受講時間が長くなって自習の時間がとれません。

どちらが良いかは言うまでもありません。

ただし、駿台は誰でも受講できるのに対し、鉄緑会は内部生飲み受け付けているので、入塾試験突破が必須となります。

また、鉄緑会の医学部対策特別講座ですが、1日3時間だけと短いですが、費用は6,500円となっています。
内容から考えると非常に安いと僕は感じていました。

駿台春季講習

まとめ

春季講習、医学部対策特別講座の内容、比較について書いてきましたが、どちらも受講資格は内部生にしか与えられていません。

このレビューを読み、鉄緑会の講習内容が良いなと感じたら、まずは入塾できるように勉強を頑張りましょう!

入塾できたら後はハイクオリティな講座を受けまくりです!!

鉄緑会の実際の授業内容について知りたい方は
鉄緑会卒業生による鉄緑会講座
を参照にしてください!!


灘高キムタツの東大英語リスニング 英語の超人になる!アルク学参シリーズ / 木村達哉 【本】

-鉄緑会

© 2022 メイプルブログ Powered by AFFINGER5